ONION商標・弁理士の山中です。

大晦日といえば…格闘技とか、カウントダウンコンサートとか、笑ってはいけないのに笑うしかない状況とか…いろいろあるわけですが、やっぱり定番はこちらですよね。

https://www.nhk.or.jp/kouhaku/

「紅白歌合戦」ですね。

実は私も一度だけ、スタッフとして会場に行っていたことがあります。今年は無観客で行われるとのことで、演出も気になるところですが、やはり出演者、それも初出場の人たちには注目が集まります。

今年は、こんな初のケースの方がいらっしゃいます。

【紅白】「香水」瑛人、初出場決定「皆さんにとってステキな大みそかになるよう」(ORICON NEWS)
https://www.oricon.co.jp/news/2176839/full/

瑛人さんは、横浜出身のシンガーソングライター。CD発売はまだなく、ここまでは、自主制作によるダウンロード配信や、音楽ストリーミング(サブスク)サービスのみで楽曲を発表、「CD発売なし」で、紅白出場するほどのヒットを放ったというわけです。

また、ヒットのきっかけになったのが、「TikTok」で多くの投稿に使われたからというもの。TikTokがヒットの発火点になるという例は欧米でも多数ありますし、Billboard Japan年間シングルチャート1位のYOASOBI「夜に駆ける」もそうだと言われていますが、瑛人さんの「香水」の場合、往年のシンガーソングライターらしいアコースティックなアレンジの、せつない心情を歌ったラヴソングであり、こういう楽曲にSNSを通じて素直に共感する人たちがいる、さらに特徴的な歌詞のフレーズがミーム化していくという事象が、とても2020年の日本ならではのヒットという気がしました。

一方、その歌詞なんですが、音楽ファンかつ知財に関わる者として、気になるのは、固有名詞であり有名なブランド名が登場するということですね。商標登録もされています。

登録2493989「DOLCE & GABBANA」
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-1989-105276/782BAC8EA3CDC883A92DA5B7A82D6D157C117F772DC88B9483BA5356E46DAE54/40/ja
(※他にも同社は多数登録)

昭和世代としては、山口百恵さんの「プレイバックPart2」の歌詞にある「真紅な(まっかな)ポルシェ」の”ポルシェ”が、”クルマ”に変更されたというエピソードはよく覚えていますし、(あと、これは最近知ったのですが)南こうせつさんが、かぐや姫時代に、「神田川」の歌詞中の”クレパス”が商品名であるため、「クレヨン」と変更することをNHKから求められてしまい、紅白出場を辞退したということもあったようです。

確かに、「クレパス」って、大正時代から続いている登録商標なんですね。

登録0167993「クレパス」(※縦書き)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-1924-006694/1509527AC8C3F381660A08B82EC58622D959784B27DD961A4EB6465973A749F7/40/ja
(※他にも同社は多数登録)

ただ、これについては、番組(放送)で商品名(登録商標)を言ってはいけないというのは、商標権侵害になるからというわけではなく、NHKサイドの規約によるもののようです。

実は過去にもコラムで書いたのですが、番組で登録商標を言っただけで、商標権侵害にすぐなるというものではありません。登録商標の権利範囲の問題もありますが、そもそも、放送でその登録商標を言うことが、商品やサービスの”目印”として使用する、すなわち「商標として使用する(商標的使用)」になるかというと、ならないからです。

【ONION商標・弁理士のつぶやき(ときに長め)】「メディアで登録商標を言ったらマズい?」
https://onion-tmip.net/update/?p=211

また、そのNHKの規約(内規)も、だいぶ現実に即したものになっているようですし、もう20年前にもなる2000年の紅白で、aikoさん「ボーイフレンド」の歌詞にある「テトラポット」をそのまま歌えたことから、今回の瑛人さんのケースも大丈夫だろうと思います。ちなみに、

登録1184901「テトラポッド」
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-1971-140478/A958E51D9122D753C7334C9F06FBE044BEFDE2BBA2FF1493DA4765A7D9F8EB89/40/ja

本当の名称は、最後が「ト」ではなく「ド」なんですね。でも、そこは歌えたことのポイントではないでしょう(苦笑)。

最後に。瑛人さんは、初の「CD」発売(1stフルアルバム)を、来年の1月1日に発売が予定されているとのこと。CDの時代ではないとはいえ、やはり嬉しいのではないでしょうか。

ちなみに、(作品のタイトルでもない)他者の登録商標を、ジャケットや帯に目立つように記載していたら、(その商標権者が、第9類指定商品「録音済みのコンパクトディスク」の範囲で登録していたら)商標権侵害になりえますし、それが著名なブランドであれば「不正競争防止法」との警告をしてくることもありえますので、注意したいですね。なお、自分はレコード会社のA&Rだったころ、こんなこと知りませんでした(大汗)。